Windows10には仮想デスクトップという便利が機能があります。デスクトップを仮想的に複数作成し、それを切り替えて使用することができるので、複数の作業を目的別に管理することができる機能です。デスクトップ毎に作業を振り分けて、画面を切り替えながら作業を進めていきます。この新機能を使用するためには、新たに追加されたタスクビューでという機能を使います。タスクバー左下にタスクビューなアイコンが表示されていますのでクリックします。今までに作られたデスクトップ一覧が表示されます。仮想デスクトップを追加する場合は、右下の「新しいデスクトップ」をクリックします。仮想デスクトップ間でアプリケーションの移動をすることも可能です。この場合、デスクトップ一覧で移動したいアプリを右クリックし、移動したいデスクトップを選びます。仮想的に広い画面をつかることができますので大変便利です。

仮想デスクトップが標準化され便利になった

仮想デスクトップは、OS上で仮想のソフトウエアが提供する機能により実現されます。1つのクライアントマシンの中に複数のOSやデスクトップが環境が存在するように動作します。window10では仮想デスクトップ環境が標準で装備され、簡単に切り替えることが可能になりましたのでレビューします。最初に行う作業は、タスクバーに表示されているタスクビューボタンをクリックすることです。デスクトップ一覧と開いているアプリのサムネイルを表示させることができます。画面右下に表示される「新しいデスクトップ」をクリックすることで、デスクトップ環境を追加することができます。デスクトップ間でのアプリケーションは、一覧表示されている状態で右クリックすることで移動先を選択できます。作られた環境はパソコンの再起動後も保持されますので、複数のタスクを同時進行で管理しながら作業を進めることができますので、思考を邪魔されません。

仮想デスクトップで狭い画面を広く使う

複数のタスクを同時並行で進めるには、パソコン画面が狭く感じる場合があります。タスクごとに使うアプリケーションが異なりますので、いちいち必要なアプリを閉じたり開いたりする作業は面倒ですし、思考が阻害されます。1つの解決策として、物理的にモニタを追加してダブルモニタ等、複数の画面を用意することができます。スペースやコストの問題で、導入できないケースもありますので、別のアプローチも検討したいところです。従来から仮想デスクトップという機能がありましたが、専用のソフトウエアを用意しなければならず、コスト高となる傾向がありあした。windows10がリリースされたことで、新たに仮想デスクトップの機能が追加され、無料で利用できますので好都合です。OSをインストールする標準機能として、タスクバーにタスクビューボタンが表示されるようになりました。画面を広く使えるため、大変便利な機能です。

ストレージ管理者がいない企業でも運用できる簡単さ。 日本国内では富士通がOEM販売しています。 Tintri VMstore T5060の参考価格5,000万円。 その他大阪や名古屋にも支店があり、全国をカバーしています。 業界初、仮想マシン単位でのQoSを自動化。 Tintri VMstore T5040の参考価格2,500万円です。 設定が全く必要ない仮想化専用ストレージです。 仮想デスクトップに移行するなら「ティントリ」へ!